スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
容疑。
本日は、コンビニエンスストア「サンクス」で
たなかに買われてしまった、サクサクとした食感が特長の
「メロンスティックパン」の気持ちに立ってお読みください。




朝------


遅刻ぎみになりながら、たなかは
コンビニでメロンスティックパンを買った。
しかし、会社の始業時間が鳴りそうだったので
パンは食べれずじまい。


仕方がないので

メロンスティックパンをカバンにつっこんだ。





1時間後------

服を着替えた。着ていたシャツをしまわなければ。


急いでいたので、とりあえず

そのシャツをカバンにつっこんだ。





お昼------

相手先のビルの近くでラーメンを食す。


パンは食べれずじまい。





夕方------

面倒なので、仕事の帰りに薬局に寄り、ボトルタイプの洗剤を購入。


なんとなく恥ずかしいので、周りの目を気にしながら

その洗剤をカバンにつっこんだ。





夜------

仕事も終わり、帰る準備。

着替え、呼んでた本、飲みかけのペットボトルのお茶、


その他もろもろをカバンにつっこんだ。





帰宅------

カバンの中のメロンスティックパンを食べようとする。


取り出してみたものは、見るも無残なパンの骸(むくろ)。





そこに、運良く通りすがりの警察官が登場。

警察官「ムッ!これはヒドイ・・・キミィ、逮捕だっ逮捕っ!」





たなか「ええっ?!」





・・・そして数ヶ月後。



(カンッカンッ!)



裁判官「エー、皆さん。お静かに。

    本日は、被告であるたなかがメロンスティックパンに

    対して犯した罪について公表いたします。



    拉致罪。監禁罪。拘束罪。放置罪。傷害罪。

    そして、名誉毀損罪。

    今回の一連の影響で、メロンスティックパンの

    精神的支柱は、すでにズタズタになっていると

    検査結果で出ております。





    被告人、何か反論は?」





たなか「・・・ありません。」





裁判官「では、今後は充分に反省するように。

    これにて、本日の法廷は終了!」



(ガンッ!)






■メロンスティックパンさんへ

あなたに人格があれば、訴えられて当然の仕打ちでした。
今度は、そのサクサク感を壊す前に召し上がらせて
いただきたく思っております。本当にごめんなさい。

              反省中のたなか より

スポンサーサイト
【2006/06/30 00:28 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
したぁーにぃー。
先々週は、というかもっともっと前から、僕の頭はスッカラカンになってて、カットの予約をスコン忘れてしまっていたから、今日改めて予約を入れることにしたよ。仕事の合間をぬって電話したら、ちょうど担当の美容師さんが電話に出てきて、謝る心の準備ができてなくてあせったたなかは地面に額をこすりつけるような低い姿勢で予約を取り直したよ。美容師さん「土日いけますよー」たなか「もう、どっちでもいいです」美容師さん「どちらになさいます?」たなか「でしたら・・・土曜日で」美容師さん「いつごろがいいですかー?」たなか「もう、いつだっていいんですあわせます行っていいのならいつだっていいんです」

態度が低すぎて、相手が困ってたよ。

【2006/06/29 02:39 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
幸せを招き猫。
あなたは今日、幸せでしたか?



降り続く雨を、ほお杖をつきながら眺めつつ

「最近、幸せなことないなー。

 私って、可愛そうね・・・」

なんて、誰もいないのに

アンニュイなキモチで

ため息をついていませんか?






ならば今日は、たなか直伝の

すこしハッピーになれるアドバイスを。





近くに、一杯180円の激安ラーメン屋さん

「びっくりラーメン」がありますか?



これがないと、話がはじまんない。



そこで、少し薄めの「塩ラーメン」1杯と

タイマーで焼けてくる「餃子」1皿と

「生中」1杯(とは名ばかりの発泡酒)を頼むのです。





それを、無心で食すのです。



ときどき、シアワセだった頃を思い出しながら。



あのころは平和でよかったねえ とか

あのころはがんばってたよねえ とか

あのころは楽しかったねえ とか

あのころは辛いけど頑張ったよねえ とか

あのころは悪いことしたねえ とか






どう?





シアワセになれた?





ぜんぜん、実感できないって?





あらら、やっぱりか。





ちょ・・・まってまって!ぶたないでって!



まーまー。落ち着いて落ち着いて・・・ドウドウ。

とりあえず会計をすませて、一旦外にでましょう。



read more...
【2006/06/28 00:38 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
焦り。
へー。


ほー。


ふーん。



日曜日。



新しい携帯を深夜までいじっていたたなか。



週初めの明日、本当に起きれるのだろうか?



こういったことに関して、一切信用できない自分。



心配しつつ、明日は起きるぞと決意を固くして就寝。





そして起床。




やってくれるゼ・・・





遅 刻 寸 前 !





バッ



と、文字通り跳ね起きて、たった5分で用意した。





たなか史上、最速の着替えタイム。





そのまま電車に飛び乗って

落ち着かない気持ちのまま

ガタンゴトンと揺られていく。



(しかし、あほやった・・・)



深夜まで夜更かしした自分への後悔。



本当に深夜までおきている必要があったのか。



苦悩を抱えつつも電車は進む。

駅に着いた。

あせるな自分。

仕方ない。

もう起こってしまったこと。

忘れよう。

こういうときは気持ちの切り替えが1番。

今日は傘も持ってる。

まだまだしっかりしてるし。

腕時計を見る。

8時5分前。

駅から5分で着いたことはない。

走るのか?

どうする自分?

とりあえず早歩きで。

そうこう考え。

やっと覚醒してきた脳みそ。

ふと思うひとつの疑問。


read more...
【2006/06/27 07:23 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
イキオイ。
昔の僕のブログを知っている方なら

ご存知でしょうが。



僕はかなりのメンドウクサガリヤです。



イチ ニィ




サンガリヤではありません。



メンドウクサガリヤ です。



そんな僕が!



ナナナント!





今までのブログのコメントに返信を!





「私、変わるわ・・・これからはもう負けない。

 うん・・・みんな辛いのよね。

 でも、それでも頑張ってるんだよね・・・

 ありがと。心配してくれて。

 もう、大丈夫。えへっ。大丈夫なんだからっ

 (コブシを前に出しながら)今から私は

 変身しt



の、変身でもございません。



ブログのコメントへの返信でーす。



イキオイに任せてたぶん全部返しましたー。



イキオイ失ったら、また貯めます。
【2006/06/26 00:33 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
メモリ不足。
携帯をスカッとなくしたということで、

あれやこれやといいながらとりあえず回線停止。

で、せっかくの機会ということで

サービスショップに行って

新しい機種に変換したのです。

最近の機種はメモリも入るということで

メモリも買いにいったのです。

そして、ゆっくりと最近の

スケジュールを確認してみると

どうやら忘れてしまったのは

携帯だけでなかったのです。



カットの予約を、

一週間前に入れていたことも

キレイサッパリ忘れてしまっていたのです。



僕はどうやら、どこかに

メモリを置いてきてしまったようなのです。



と、いうことで

道端に僕のメモリが落ちてたら連絡ください。



人よりすこし、鈍い色で光っているのがそうです。

よろしくお願いします。

【2006/06/25 23:44 】 | ふと思うコト | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
興奮。
後輩Dからの

「終電なくしましょうよ!」

という挑戦に、あえて乗ったたなか。





仕事への思いのたけを語り合い、

なお一層、信頼を深めあう時間となった。



その若さも、



その熱さも



僕の胸元にガンガン響いてくる。







くぅ、コイツラ、アツイゼ・・・





酒を酌み交わし、

ななかな有意義なヒトトキと相成った。





が、



その代償もなかなかヘヴィであった。

read more...
【2006/06/24 23:57 】 | ふと思うコト | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
記念日。
ナウイって、5回言った日。

今飲んでまーす。

ワハハノハ。
【2006/06/23 23:52 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
雨。
うー。会社のエアコン効きすぎて腕が冷たいや。ってな感じでども。ノープランで書きはじめたたなかのブログです。ういっす。
しかし雨ですね。シトシト降ってますね。「師と子と」って打ってもやっぱ、かわらず雨降ってますね。ええ、窓開けて確認しましたから。使途視と。今日はたぶんあれですね。あなたに何も伝えることがないと思うんですよね。いや、まあ忙しかったのは忙しかったんですよ。でも、覚えちゃいないんですね。ほんと。何やったかとかね。たぶん、忙しかった、くらいの記憶しかないんすよね。ちょっとちょっとっホントに働いてたんかいって感じですよね。

で、雨ですよね。何か雨でいい思い出でもあったらいいね。じゃあ、雨のこととか語れるじゃんってね。そういえば、となりのトトロは雨が印象的に語られてますよね。トトロのでかいのが、傘に落ちてくる雫の音にコーフンして、喜んでしまうってところが良かったよね。あれ、上映されて早速真似したもんね。雨が上がって、ハッパに水滴が付いてる木を蹴ってね。で、わざと傘を指すのよ。じゃあ、同じように「バッサー!」って落ちるのよね。水滴が。そりゃあ、じゃんじゃかすごいんだから。とくに枝っぷりが大きいと、葉っぱも大きいから、落ちてくる雫の量も比例するわけね。これ比例代表制とは関係ないからね。だから、どんどん蹴っていくと、もうハッパが水分持っている木って少なくなってきてね。もう、トモダチと雫を多く持っている木の取り合いになっちゃうわけね。トモダチの亀裂って、案外こういうことから入っちゃったりしてね。ま、入んなかったけどね。だけど、トモダチより「バッサー!」って音を大きくさせたいじゃん。トモダチに素直に「すげえ!」って言われたいじゃん。小さい頃って、トモダチの評価が全てみたいなとこあんじゃん。だから、その辺の木の主みたいな、おっきい木をためらいなく蹴ったわけ。でもね、ひとつ僕が把握し忘れていたことがあって、木がおっきいと、幹もおっきいの。





びくともしねえ   足いてえ




けっきょく、ノープランで書きはじめたわりには、
人間以外で初めて敗北感を味わった話に落ち着いてくれたから
今日のブログは僕としては満足だね。

【2006/06/22 23:27 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
必然。
もしも僕の人生が

明日で終わってしまうと知ったら

とても哀しいだろう。

残された時間がわずかだと決められてしまうと

人は一体、どんな行動に出るのだろう?

知っている人への挨拶をするかもしれない。

長い間連絡を取っていない人に

不意に電話してしまうかもしれないな。

「どうした?なんかあった?」

という問いかけに、答えたい気持ち。

ノドまででかかっている悲しみをこらえて

「なんでもないんだ」って、

せいぜい頑張れたら、男としていいなって

思ったりする。

その後、どうするんだろう。

昔からの母校なんか

フラリと訪ねたりするんだろうか。

ゆっくり歩いて、当時の思い出に

思いを馳せたりしてしまうのだろうか。

小学校の頃は、導入したばかりの

ピカピカの一輪車にはまってたっけ。

そうして、親とも会話を交わして

すべての挨拶が終わったら

それから、自分の時間が楽しめるといいな。

なんだろうって思うけど

いざって思ったら、あまりすることないのかもね。

最後に食べたくなるものって、何だろうね。

お袋の味ってのも、あるだろうなあ。

あるタレントが「水」って言ってたけど

なんか、話がキレイすぎて

面白くもなんともない。

飢餓状態ならわかるけど

最後にクチに入れたいものを

真剣に考えたら、もう少し

自分の思い出とか、贅沢とか

欲がある食べ物の方が正しい気が

どうしてもしてしまう。

で、僕が小さい頃から食べていて

懐かしい食べ物のなかに

「眠眠」が餃子があって

もし万が一明日僕が最後の日を迎えるようになるならそれくらい夜にビールとあわせて食べてもいいじゃんバチあたんないじゃんっていう長い長い言い訳を書いた。

【2006/06/21 23:55 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
漏洩。
後輩Aから

「たなかさん、ブログ書いてるんしょ。見せてくださいよー。」

と、言われた。

たなか「あかんよー。だって、お前の事も書いてるもん。」

と、言ってやった。

後輩A「マジッスカ!絶対調べたるねん。」

たなか「ムリムリ。調べられへんように書いてるから。」

たなか「大体、俺が登録しているFC2なんか

    70万人もエントリーしてるねんで。

    探し出せるわけないやん。」

たなか「ついでに、今日のネタは、お前が

    僕のブログを探してるって話にするわ。」



ここまでいうと、

ようやく悔しそうな顔でこっちをにらんできやがった。

しめしめ ホホホ。



ただ、酒に酔うと、教えないガードが

限りなく弱くなるたなかなのでした。



・・・こわい

・・・思ってもいない感じに変わってしまう、

   自分がこわいのっ!



この世に酒がある限り

いつかバレル事でしょう。ではでは。

【2006/06/20 23:03 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
連鎖。
一杯のコーヒーからはじまる朝。

馥郁たる香りを優雅に楽しみ、

元気に満たされた僕は「よしっ」と

心のなかで掛け声をだして、家を後にした。



今日は新しい仕事の打ち合わせ。

その前に常務が「落ち着いていきたいから、

コーヒーでも飲んでいこう」といい、

アイスコーヒーをおごってくれる。

なんだ、意外といい人じゃんか。



打ち合わせが終わって。

常務は新幹線に乗る予定。

どうも乗車まで少し時間があるらしく

「ちょっと喫茶店に行こう」と

再びアイスコーヒーをおごってもらう。

なんだか、気前がいいなあ。



昼から別の打ち合わせ。

打ち合わせ前に、余裕を持たせて

予定の場所にいくと、あと少し時間が余る。

うん、仕方ないと言い訳しつつ

モスバーガーのアイスコーヒーを注文。

これが、うまいんだよねえ。



上司がそのまま出張に行ってしまうため、

しなくてはいけない仕事を伝え聞く。

「じゃあ、ちょっと喫茶店で」

と、いいつつアイスコーヒーを注文してくれる。

う、うん。ありがとうごぜーます・・・うっぷ。



今日は仕事が遅くなりそうだ。

仕方ない。ドトールで軽い食事でも取るか。

シーフードベーグルだかなんだか

そんなものを選びつつ、

心のなかではオレンジジュースを所望していた。

だが、ドトール病の僕は、思わず

「アイスコーヒー」と口走る・・・・・・飲んだ。



で、なんだか少し、気分が悪いんだけど。

なんでだろう?

謎は深まるばかりである。

まーここは、

一服してコーヒーでも(あー書いてるだけでちょいダメだ)。

【2006/06/19 23:54 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
発見。
あ。





read more...
【2006/06/18 23:55 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
男群れ通。
授業参観日。

昼から雨が降りそそぐ。

雨音と、たなか先生の黒板に

文字を書く音だけが聞こえ、

生徒はこの場を、スムーズに

済ませてほしいと願っていた。



そんな、今日という日のできごと。



----------------------------

黒板に図解するたなかA

(カッ カカッ カッ)

たなか「オムシチューとは

     くるんと巻いたオムレツのまわりに

     タンシチューをトロトロとかけたものである。



     えー、つまりだな。

     このオムレツの中のトロトロ部分と

     シチューの濃厚なビーフエキスが

     からむことで、その上手さは2.3倍へと変化する、と。

     おいっ!ここテスト出すぞー。

     慌てて書いても、もう遅い。

     キュッ キュッ と、消しました・・・と。



     どうした?ハセガワ?

     なんだ、センセイが憎いか?

     ならば見返して、100点でも

     取ってみるんだなハッハッハ!



     えー、次に

     シェフがオムレツを丸くするときに

     一体何を考えているかを

     サーモグラフで調べた図についての解説にうつ」



ハセガワ君の保護者(以降保護者A)

「ちょっとちょっとっ!(ドンッ!と突き飛ばす)」



たなか「あぁッ!・・・(崩れ落ちる)」



保護者A「そんな解説なんて、どうだっていいじゃない。

      いいなさいよっ! いっておしまいっ!



      その本心をっ」







たなか「・・・」





たなか「じ、じつは・・・」







たなか「今日たべたオムシチュー定食が

     とってもうまかったんですぅ~。

     ハセガワぁ、八つ当たりして

     すまんかったー!奥さんごめんなさいっうわーん!」





保護者A「・・・フゥ。まったく。

      最初からそう言えばいいのに、

      オ・バ・カ・サ・ン☆(コツンッ)」



たなか「いてっ」



保護者A「ヤレヤレね。フフフ・・・」



たなか「エヘヘ」



ふたりの大人のムードにたえきれず

曖昧な笑みを浮かべるハセガワ君。

【2006/06/17 22:15 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
Q。
どうも、たなかです。







用意は良いですか?







では、問題です。(ジャン!)







「カッ カッ カッ カッ ・・・」







たなか「一体、これはなんの音?」





(チッ チッ チッ チッ チッ チッ・・・)





あなた「ハイッ!」





たなか「ハイッ、そこのあなたっ!」





あなた「○○○○○○○○○○○○○○○○○」





たなか「・・・フムフム。」











たなか「ぶっぶ~~!」










たなか「正解は・・・



    晴れた今日、遅刻寸前でアワテテ家をでて、

    気づけば自然に傘をもっていたたなかが

    気づけば誰も傘をもっていない状況を認識し、

    遅刻寸前なので後戻りもできず

    晴れた日のカッコイイ傘の持ち方を研究していた音。



    でした~」





たなか「ではまたらいしゅう、このお時間に。ばいば~い」



(♪パヤパヤー)



【2006/06/16 23:00 】 | ふと思うコト | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
実は。
期待を裏切るようでタイヘン申し訳ないんですが

今日はとても申し訳なく報告をしなければならないんですが

そんなこんなで低頭ぎみにあなたをうかがいつつ報告するわけですが



すでに 体重が落ちはじめておりまして



あっという間に3キロ落ちました。

体脂肪率も、スルリと3%落ちました。





僕、やればできる子なんです。



ってことでどうも。

「やればできる落ち武者のたなか」です。



と、いったわけで

アゴのリンカクがぼんやりと

わかるようになってきました。





YO! フェイスライン(ハイタッチ)!!



でも、会社帰りの電車で

サラリーマンの男どもを観察していたのですが

みなさん、結構アゴのラインがみあたりません。



地球温暖化で、南極が沈む沈む!と

世界規模で心配しているこんな時代、

自分のアゴがお肉に沈んでいいのでしょうか?



よくないっ



フェイスラインキープを

法律に掲げれば良いと思います。



とにかく、これはめでたいことだと

発泡酒500ml片手に乾杯したわけです。



そうしておなかも満たされたので、ねます。



あ。このローテだとまた太るわ。ちゃんちゃん。

【2006/06/15 00:58 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
動揺。
先輩Tさん「たなかくん、やせた?」



たなか「えっ?!」





やけた? の聞き違いでした。
【2006/06/14 12:42 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
革命。
今日さ。



スーパーでさ。



ビールのカンカンに目がいってさ。



目がビールに張り付いたのにさ。



そのまま素通りして



スーパーからでできたんだよね。



それって、すごくない?



たとえばそれって

ハイハイしてたコドモが

初めて立った!

わーわーかあさんカメラだカメラ!

はやくはやく、すわっちゃうじゃないか!



ちょ ちょっ



あー もー すわっちゃったー

お前が悪いんだぞー

はぁ 初めてのスタンダップに何してたんだよー

えー パック? そんなのどうでもいいじゃんかよー

え? こどもと私 どっちが大事なのって?

これこれ そんな子供のような質問しなさんな



おれはただ



この興奮をだな



え?なんだって?



昨日 立ってたって?



おいおい・・・どうして言わないんだよ・・・



あんまりじゃないか・・・



今までハイハイしてた息子がだよ

初めて立ったんだよ



その両足で

己の体重を初めて己で引き受けたんだよ

これはすごいことなんだよ・・・



おい かあさん

今日は赤飯じゃなきゃだめだよ



おい むすこよ

1日遅れだけどいいじゃないか



かあさんはあんなこと言ってるけど

俺がちゃあんと祝ってやる



なに お前は大器晩成型だ きっと

今悔しい分 後々もうひと伸びするさ



お ビールビールっと






っていう哀しくも意味深な過去が

若かりし頃の僕に

あるかなって思ったんだけど

僕はけっこう幸せに育てられたのでした





まー、そんなことを考えてしまうくらい

僕の成長ぶりをヒシヒシとかんじない?



ほめていいよ。思う存分。


【2006/06/13 00:37 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
決意。
ぜいたくおなかがつぶやいた。





うまいもん、どこ?



あれ?ここはどこぅ?

わたしはだれぇ?



うふふふぅ。







この3日間贅沢の限りを尽くした彼は

夕方からパンひとつのみという

大きなギャップに、思わず

瞑想の世界を彷徨いつつあります。



さて、昨日までの

夢の世界は忘れて

がんばるのだぞ。

【2006/06/12 23:56 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
ふれあいと交換に。
人とのふれあいは とても貴重なものであり

それは めったに会うことのできない人とか

そんなタイミングとか そういうものに出会うと

やはりとっても うれしくなる



人にとっての価値観って それぞれだけど

人が人に会い 会話を交わして感じられる

共感だとか また反対に違和感だとか

そういうのって やはり誰もが大切な感覚だと思う



そうだよね



「人が人に会う」



それは昔の もしくはいつもの僕を

知っている人に会うことで

冷静な判断をもらえる機会であり



もしくは 同じ感覚を分かちあえる限られた仲間と

その喜びを屈託なく共有する機会でもあるのだ



大切な時間だもの

だからこそその順位は

はっきりさせておかないと







そろそろいいかしら?





皆さん納得したかしら?







ってことで



金曜 会社の同職種5名と4年ぶりの飲み
   沖縄料理でかこむ(沖縄のフがうまかった)



土曜 久しぶりの母との再会
   良き酒と良き肴に囲まれる至福のヒトトキ



日曜 学生時代のバイト仲間から
   「焼酎が100本以上置いているお店がある!」
   とのコーフンすべき報告を受けさっそく調査予定



たまたま人と会う奇跡が

重なりあってしまったわけで

それを大切にしているたなかにとって

ダイエット中といおうが

これはどうしようもないことなのである



ってことで



「打倒!コウダクミ」への道を歩んでいたつもりが

「妥協…コレダメダ」への道にそれてしまっており

彼女に追いつくのがまた一層

遠くなってしまったこの事実を

こっそりと書き記しておく

【2006/06/11 10:47 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
マジックタイム。
キヨスクで、お茶を買おうとすると

いつものおばちゃんではなかったのであった。



新おばちゃんとの対面である。



すこし緊張する。



あ。しかも財布には万札しかない。



ノドは乾くが、あきらめようか・・・



「あの、万札しかなんですけど」



新おば「ああ。いけますよー」



新おば即答。

高いと思われたハードルを、あっさり通過。



「じゃあ、爽健美茶を」



新おば「はいはい~」



といって取り出した、竹筒形のお茶。



なるほど、今年の爽健美茶は

竹をモチーフにしているのか。ふーむ。



いや、おばちゃん。



「おばちゃん、それ伊右衛門・・・」



新おば「あー、ごめんごめん」



初の対面で、さっそくのストレートをくらった。



しかし、おつりをもらったとき

千円札9枚を扇状にバサッと広げたかと思うと

さながらマジックショーのように

僕の鼻先に、”ビッ!”と取り出したのであった。



マギー司郎にも匹敵するほどのなめらかさ。



なるほど、さっきの自信はこれであったか!



僕としては、その前に欲しいお茶を

すっと出してもらえれば

それでいいのではあるが。

【2006/06/10 22:46 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
さらにシフト。
今日は水なすのぬか漬けをスーパーにて購入。

今日はこれだけで夜をしのごうと思うのだ。



久しぶりの シェイプアップ マジモード です。



打倒、倖田來未。

嫉妬と羨望の眼差しでメラメラと燃えるその頂上には

エロカッコイイ倖田來未がいるのだ。



くっそー・・・



腰のツイストを彼女より華麗にこなしてやる!

グイングイン~



挑むような目つきを、鏡の前で特訓してやる!

うふふ、うふふふぅ。



魅惑のウインクを、1分間に85回またたいてやる!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ……





とりあえず、水なす食ってから作戦会議だ!



うわぁ、お酒のつまみになるよー、水なすって。



早速、やばいゼ・・・・・・

【2006/06/09 00:48 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
なだらかシフト。
ウス。オハヨッス。

日頃の暴飲暴食に歯止めをかけようってことで

昨日の夜をアスパラガスと小魚ともずくだけで

しのいだたなかです。ウス。



後輩Aの有力情報によると

倖田來未は夜6時以降、何も食べないそうです。



それが、あの体型を

キープできている理由のようです。ウス。



それならば俺も!と、倖田來未並みに

腰をツイストさせつつ息巻いておりましたが、

おなかが「くぅ」と悲しそうに鳴くので

少しだけ、食べてやることにしたのです。



♪だってだぁってだって だってだってなんだもん

(キューティハニーより)






【2006/06/08 08:04 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
なのなのなのさ。
昨日すぐに寝たのに、

体が火照って、どうしようもないのなの。



ショーチューを沢山飲んだからなの。



美味しい食べモンを出す

いいお店を見つけてしまったの。



そして、終電を逃してしまったの。



まだ、週半ばなのに なの。



うし!今日からはカロリーを制限するの!なの。



覚えてたらたぶん・・・なの。



【2006/06/07 08:02 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
そして結局。
寝てしまいました。



朝を迎えましたが



洗濯モノは山のままです。



寝てる間に洗濯物をたためる

能力とかがあれば・・・と思い

一縷の望みをかけて布団に潜り

実験したわけですが



やっぱり、

僕は超能力使えないみたいっす。



残念。



ではそろそろ、

現実と向き合うことにします。


【2006/06/06 08:10 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
物体移動。
エスパーになりたい。





意思ひとつで、





物体を自由に操れる





そんな超能力者になりたいと





僕は週のはじめを迎えるたびに





強く思ってしまうのです。









あふれんばかりの 洗濯物の山を前にして。





妄想はいいからはやくたためって?



へいへい~。
【2006/06/05 23:15 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
大人になれたかしら。
大人計画のライブを見に行った。



まさにそれはライブであった。



学生が居酒屋で飲んでいたと仮定しよう。

その飲み会というのも、12時を過ぎる頃には

常識というものが壊れた会話になってくる。

話は飛躍に飛躍を重ね、

論理うんぬんよりも、本能がその面白さを選び取り

そしてそこからさらに話は発展していく。

そこに、飛躍のテクと常識と面白いことを

よく知っている人間が「養老の瀧」に集まり、

3日間ずうっと話を発展させて

そしてできあがりました。

幕が上がりました。チン!みたいな。

そんな舞台であった。



荒川良々が終止さけびつづけては悲哀の感情を出す。

阿部サダヲは足を振り回し、舞台を縦横無尽に駆け巡る。

松尾スズキが空を飛びながらも、少し斜に構えた目線で

あやしく場の流れをチェックしているかと思うと

宮藤官九朗はニヒルに間を空け、ズレた会話を楽しむのだ。





あー、つまりおもしろかったのさ(認めた)。





特に今日1番のオドロキモモノキサンショノキクラスの

オドロキとコーフンにであえたのは

阿部サダヲとの出会いである。



三白眼の男がいるのは知っていた。



噂には、聞いていた。



しかし、あれだけ活き活きと

舞台で輝く人間がいるとは。



阿部サダヲは、ずるい。

男のようで、男でない存在。

シモネタを大声でぶっ放してもウケル。

テンションの上げ方がうまい。

時々照れては、観客の心を鷲づかみ。

(最後のは、特にずるい)



次に奴は、一体何をするんだ?!

その相手の会話を、どんな振りつけで返すんだ?!

もう、阿部サダヲにのめりこみである。



俗に言う、アベサダ・ショックである。



近年では、噂を聞きつけた人々を

飲み込むかのようなイキオイで

アベサダ・ショックが広がっているらしい。

ちなみにこれは豆知識だが、

それ以前で皆が知っているショックといえば

オイル・ショックがその前にあたるといえようか。



おまえら、トイレットペーパーは確保したかーっ!



それくらい、叫びたくなるようなイキオイを

僕に与えてしまったのだ。



そして、帰るころには

阿部サダファンがここにまたひとり、

出来あがっていたわけである。



あー、またいきたい!



以上である。

【2006/06/04 21:23 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
歓迎。
道をあるいていたら、

赤信号になったので、信号待ち。



車が通る。



白い吹雪。



ん?



シャラーン

シャラララーン



道路をかすめながら

楽しげに舞う紙ふぶき。



ん?なんだ?



俺が通るのを、歓迎しているのか?

俺が通るのを、わかっていたのか?



こんな、紙ふぶきまで用意して。



次々と舞い上がる紙ふぶきを

目を細めて眺めるたなか。



(余は満足じゃ)



そして、信号が青になり

道路の遠くまで見て納得。





それは、誰かがシュレッダーで刻んだ紙を

車道に落としてしまったのであった。



キレイだったよー、お祭りみたいで。

【2006/06/03 22:09 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
器量。
今の自分と比較する対象や視線が

どこにあるかで、その人の

スケールというものが見極められると思う。



そして、僕が今日サイコーに

楽しかったその訳は、

今日は代休を申請して1日を

存分にのんびりと過ごしており、

ふと時計を見ると、

AM10:00になってたりして

(会社のみんなは、今ごろ

 がんばって仕事してるんだろうなあ)

んて思いつつある自分は

その環境とは正反対のガラガラの電車で

遊びにいっている。

その事実に、

カイカンとカルカンとカニカンとカイホウカンを

覚えていたわけです、ふふふ。





んー ぼかぁ ちっちゃい にんげんだ。



でも うれしかったんだもん。

【2006/06/02 23:01 】 | ふと思うコト | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
混沌とした解説。
晩メシはチャッチャとすませようと

コンビニで、ラーメンを買った。

今流行りの「何とか屋のラーメン」ってやつで

そのお店それぞれに調合された

粉末スープやら液体スープやら入っている類である。

さすがに、凝ったラーメンらしく

乾めん、かやく、液体スープ、粉末スープ、そして

ふたたび後のせ用かやくまでついているのだ。



ダブルかやく初体験ですドキドキ。



お湯をジョボジョボと入れ、5分待つ。



まあ5分なんて数えていないのだが

その後にあたためた「さとうのごはん」が

チン!とできあがったので

まあいいかとあいまいなジャッジで

フタをパリパリと開ける。





後は、液体スープ、粉末スープ、

後のせかやくを入れれば完成である。






ここにきて、はじめて液体スープ、粉末スープの

袋に書いてある解説を読む。



「食べる直前にお入れください。」





続けざまに、後のせかやくの解説も読む。



「召し上がる直前にお入れください。」





ど・・・どっちが順番後なのドキドキ!?

【2006/06/01 22:43 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。