スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
助言。
先輩は、正月の間に急激に太ったそうだ。そして今、急激に太った分を解消するために、筋肉がすり切れるほどの運動をしているらしい。それはまずい。ちょっと、一言物申さないと。

たなか「急に無理な負荷を与えるのは、止めておいた方がいいですよ。たしかに、消費量を増やせば体重は落ちますけど、それよりも、摂取量を減らして体重を落とす方が簡単に落ちます。ほとんどの人間は摂取量が多すぎですからね。特に、夜食を控えめにするといいですよ」

最後の方は、僕自身に向かってアドバイスしていた。
スポンサーサイト
【2007/01/22 21:26 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
言ったもん勝ちの世界。
レンタルビデオ屋さんに寄った。

借りるビデオを決めて、お金を払おうとしたら、お金を置く受け皿が「北斗の拳」のケンシロウになっており、レジに並ぶ人に向けてのセリフは「おまえはもう、借りている!」

お金を払う時点で借りているのは当たり前だ。おまえに言われなくても借りていたんだ。しかし、ケンシロウの手のひらに転がされているようで、くやしい。
【2007/01/21 23:33 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
納豆。
あんまり時事ネタは扱わないんですが、少しだけ。あるある大辞典の捏造がまたたく間にニュースになっている。最近、ろくにテレビを見ないので、スーパーで、納豆が微妙に高いなあと思ってはいたのですが、「あるある大辞典」で納豆が取り上げられていたのですね。

嘘と知らされて怒る消費者の声がライブドアニュースに載っていますが、僕が読んでほしいのは、横浜市の会社役員男性の声。

午後6時半ごろ納豆が完売した横浜市中区のスーパーで、最後の5パックをまとめ買いした同市磯子区の会社役員の男性(65)。放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、会社帰りに毎日買いに行かされた。「いい迷惑。テレビ局はいいかげんにしてほしい」。怒りは収まらない。



注目→放送を見た妻と娘が「毎日2パック食べなければいけない」と言い出し、会社帰りに毎日買いに行かされた。」「いい迷惑。・・・



この人だけ、怒りの矛先が情報詐欺に向いていないような気がする。負けるなおじさん。
【2007/01/21 11:36 】 | ふと思うコト | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
生活改善。
ここのところ、「生活改善応援サイト 早起き生活」を使って、早く起きるように心がけている。起きたら、このサイトを開き、「いま起きました!」ボタンをおす。すると、今日の起床時間が記される。今までの起床時間も折れ線グラフで表示してくれるので、少しだけやる気がでてくる。今日、「いま起きました!」ボタンを押そうと思ったら、サイトにつながらなかった。どうもサーバーが弱いようだ。朝から、指導者が夜逃げしたみたいな、あと味の悪さと脱力感。
【2007/01/21 11:12 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
メッセージ。
今日マンションの前に運送屋さんのトラックが止まっていた。通りすがら、車の中をみると、ダッシュボードの上にダンボール紙があり、手書きで「ねるな!」と書いてあった。

寝てしまったら、その文字を読めないと思うんだが。
【2007/01/21 00:22 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
LINK。
無断リンク集。


■ if→itself  管理人:ifさん

if→itself

哲学と日記。


■ から  管理人:p0nさん

から

イラストと企画と日記。


■ テキスタイルポップ  管理人:cimさん

テキスタイルポップ

生きる個人サイト辞典。


■ 荒波に漂う小船の日記  管理人:saineiさん

荒波に漂う小船の日記

詩と夕日と日記。


■ りんこ日記  管理人:川内倫子さん

りんこ日記

写真と日記。


■ 偉人ブログ  管理人:パンティ田村さん

偉人ブログ

偉人のブログ。


■ あめうらら

あめうらら

雨の良さを伝えるサイト。


■ 宮藤官九郎の小部屋  管理人:宮藤官九郎とその母

宮藤官九郎の小部屋

悩みの相談窓口。


■ チャンピオンベルトは寝て待て[Blog]  管理人:ポケさん

チャンピオンベルトは寝て待て

チャンピオンベルトと日記。



【2007/01/20 11:26 】 | ふと思うコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
チケットを交換するワンシーン。
たなか「あの~、予約したチケットを交換したいんですけど

    ここのファミリーマーッ・・・って

    ここ、セブンイレブンですよね。何でもないです。」

店員「・・・」

たなか、コンビニを去る。

店員「・・・」
【2007/01/17 23:31 】 | ふと思うコト | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
スッキリしました。
最近、ヒマになるとインターネットでウィキペディアを見てます。

林家こん平の出身地「チャーザー村」とは千谷沢村だった!

長年頭の中で氷結していた疑問が解けました。

今日はいい一日だなあ。
【2007/01/17 20:22 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
やるせなさ。
自分の力のなさを感じることは日々あれど、思わず「やるせない」とつぶやくようなことが現実には度々起こってしまう。どうしようもないこの気持ちの高ぶりは、やはりどこかに持っていきようもなく、気持ちの高揚、もしくは落胆を、いつもの自分に、平静に戻そうと試みるしか、他に手立てはない。されど胸にあるこの気持ちは、無念。のひとこと。ここを乗り切れば。この気持ちを乗り越えれば、明日は晴れるだろうか。僕の頬をまばゆい光が包み、僕は幸せに「おはよう」といえるだろうか。僕はまた、明日から胸を張って、歩いていくことができるだろうか。教えてよ、ローラ。





紙筒で巻かれたペーパータオルが何かの拍子に床に落ち、

コロコロと伸びて、アカデミー賞の赤じゅうたんのごとく

伸びやかに白いラインを形作っていた。





重力か。慣性の法則か。

僕はここを歩けばよいのか。やるせない。
【2007/01/14 23:36 】 | ふと思うコト | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
はじまりはじまり。
アー アー アー


アー 


アー アー


テスッ  テスッ


チッ  チッ  チッ


ツェー  ハー


ツェー  ハー


アー♪(低音)  アー♪(高音)


アー♪(低音)  アー♪(高音)


たなか「うーん・・・」


音声さん「どうしたんですか?」


たなか「少し狂ってるなあ」


音声さん「どこですか?」




たなか「また少し、おなかまわりが」



こんなことを冗談のように書いていたら本当にシャレにならないありさまになってきたのでここらへんで一念発起して、やせる。うんやせる。

どうもお酒が原因のようなので、とりあえず断酒。
しかし、今これを、梅酒を飲みながら書いており、明日は飲み会なのです。いやはや、こまった。こまった。

【2007/01/14 22:30 】 | ふと思うコト | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
寒さと後悔と。
ここ最近、寒さが一段と増してきたなあ。と思っていた今日このごろ。昨日起きて窓を開けたら、白い雪が、ベランダのむこうをチラホラと舞っていた。ああ、本当に冬が来たのですねえ。

寒さは人を家にこもらせて、いつもより長く布団に入り、いつもより長くお風呂に入り、料理は湯気の出る何かを求め、そうしていつもより、人の動きを鈍くさせる。

人もまた、自然がもたらす影響のなかで、自然と呼応する術を知っているのだ。しかし、人がスローモーションに動けど、日々の時間の過ぎようは変わらない。だからだろうか。気づけば今日は、僕は一歩も外に出ず、こうして今の時間を迎えてしまった。

今日は、予定していたジムも、食材の補充も、何もせぬまま、夜の10時を迎えつつある。レンタルDVDも然り。冬とはかくも動けぬものなのか。ならば、こんな冬なぞない方がいいのではあるまいか。

そういえば、来週は寒さが一層厳しくなるそうだ。そうなれば、今以上に僕の動きは緩慢になり、そして一歩も家に出なくなってしまうのではあるまいか。

そうなると、まず困ってしまうのが、食材だ。今日買出しにいけなかったせいもあり、野菜はヤッコネギしかない。この厳冬に、細いヤッコネギでどう対抗すれば良い?その打開策は見出されていない。残念ながら。

残るは、今週張り切ってしあげたカレーのみ。ひとりで住んでいながら、なぜか10人前作ってしまったカレーしかない。カレーへの情熱はささやかながら持ってはいるけど、そんなにカレーばかりが好きなわけでもない。

だけどカレーは余っている。そして、次第に味がこなれながらも、食材が傷みつつあるのも知っている。だから、今日は全食カレーだった。だけど、まだある。嬉々として作っていたのはいつのことやら。

今となっては辛いだけ。大量に作れば、当分の間はそれを食べ続けなければならないと、どうしてわからなかったのか。頭を抱える。悔やんでも悔やみきれない感情がどっと押し寄せる。

当分はカレー嫌いになりそうだ。「カレー」と聞いただけで、汗を浮かべ、歯はガチガチと音を立てる。スーパーの、カレーコーナーには足を遠ざけてしまうに違いない。ジャワカレー?ボンカレー?知りません。どこぞのお金持ちの、オボッチャンのお名前ですか?

今回作ったのはチキンカレー。当分カレー作らないよ、臆病者は。
【2007/01/08 22:33 】 | ふと思うコト | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
本気のカレー。
カレーを作る。と思うだけで、心がトクンと踊ってしまう。むろん、お店に行けば美味しいカレーが食べられる。美味しいカレー専門店も知っている。なぜ作るのか?値段の話ではない。値段を気にするならば、スーパーのレトルトカレーコーナーに行けばいい。レトルトカレーの競争が激化している今、うまいカレーを安い価格帯で並べているし、手間もかからない。しかし、レトルトを食べていようが、お店のカレーを食べいようが、年に1度は体が火照り、足は興奮さめやらぬうちにスーパーへと急ぐ。玉ねぎをつかんではカゴにいれる。頬が紅潮している。次は人参。目線はゆらゆらと鮮やかなオレンジ色を探している。最後に肉類が並べてあるコーナーへと、カートをガラガラと動かす。ここで、気持ちの高ぶりがピークに達していた場合、カートに体重を預けたままカートを滑らせ、足で交互に操って、華麗なるスケーティングが見られると思う。なぜか店員は怒っている。だがしかし、これには利点がある。僕の前を行く人間が、僕を見ると憐れみの顔つきで、そっと通路をあけてくれる。その好意は無駄にしない。ストレートに広がったその花道を、僕は足で加速させて一直線に進む。なにせ今日は、久々のカレー気分。本気のカレーを作るとき、肉にはチキンを使う。ルーは二種類選ぶ。混ぜ合わせることで、味に奥行きが出る。と母に聞いたので素直にその通りにする。カレーへの情熱は、燃えはじめると作り終わるまでは止まることがない。”よし、これであとは作るだけ。”買い物帰りに時計を見れば、もう7時を回っている。これはまずい。細やかな下ごしらえこそが、カレーを美味しくさせる何よりものスパイス。だから本気のカレーは時間がかかる。玉ねぎを炒める時間も、普段のそれではない。もしや、このカレーが出来上がる頃には日付を超えているのではあるまいか・・・。腹はそれなりに減っているが、出来上がるまでは何も口にできない。だが、別の料理を作っていては、カレーが仕込めない。しかも明日は初出勤日である。無理はできない。時間は無常にも進む。やはり、今日はカレーを作るのを諦めるしかないのか。目の前が暗くなる。時計の秒針は一歩一歩前へと進み、僕の次の行動を静かに見守っていた。そうして僕は、前を向くと覚悟を決めた。本気のカレーを作りたい。今日の晩ご飯くらい。



僕は、レトルトカレーで空腹をしのぐと、カレー作りに専念した。



実話。2007年もこんな僕をよろしくお願いします。
【2007/01/04 20:30 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。