スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
宣伝。
うちのまわりで選挙戦が盛んだ。

「○○○○、怒ってます!
 ○○○○、○○○○、○○○○を、
 ○○○○を、どうぞよろしくお願いします!」

広告の基本は、商品名の連呼というのは真実。
メッセージ性がなくとも、結果が確実にでます。
その結果、大抵が短命に終わります。

では、たなかであてはめてみよう。

「たなか、たなかをよろしく!
 たなかです!僕たなかなんです!
 あっ ありがとうございますたなかです!」

極めて危険な匂いがします。
スポンサーサイト
【2007/03/31 10:31 】 | ふと思うコト | page top↑
この調子でじんわりと。(第3弾)
働きマン、布教活動第3弾。







僕も新人の頃はこんなやる気のない感じだったのかしら。
何の因果か、この人の名前は「たなか」です。

ずっと怒られている感じで見ています。すいません。
【2007/03/30 06:50 】 | わーこれスキだわ | page top↑
雪が溶けていろいろ溶けて。
ランチを食べに喫茶店に行ったら、

喫茶店で脱いだジャケットを

置き忘れていたことに気づきました。



店を出てから3時間後に。



いやはや、春ですねえ。
【2007/03/29 23:30 】 | ふと思うコト | page top↑
働きマンです2。
面白いと共感してくれた人がいた!ってことで、第二話です。







原作の漫画より、アニメの方がテンポが良い気がします。
でも、漫画を買うと、アニメで扱われていないストーリーが
あったりするので、好きになったらやはり買いです。

あ。あと今日のお昼は納豆巻きでした。
僕はのめりこみやすい体質です。
【2007/03/29 08:01 】 | わーこれスキだわ | page top↑
昼食にて。
たなか「最近、ジム頑張っててなあ」

後輩A「へー、すごいっすねえ」

たなか「だってさあ、最近はジム行かんかったら

    ネットサーフィンしかしーひんからなあ」

後輩A「ネットサーフィンをスポーツみたいに

    続けないでください」

たなか「ウォーキング、エアロバイク、ほんでネットサーフィン」

後輩A「・・・・・・」
【2007/03/27 22:39 】 | ふと思うコト | page top↑
納豆巻きが食べたくなるくらい影響された。
あー、納豆巻きたべたい!

って言うくらい、最近この漫画にはまってます。

面白いなあ、「働きマン」。

妙に細部がリアルだしなあ。メリハリもあるしなあ。

やるなあ。







はずかしながら、単行本を今日買いました。



あ。みんなYoutubeベタベタ貼ってて面白そうだから
今日から僕も、それに習うことにした!
【2007/03/27 00:25 】 | わーこれスキだわ | page top↑
法則。
ジムで頑張って汗を流すほど、

その後のビールとオツマミの量が正比例する。


最近発見しました。

みんなが発見したくないであろう法則を

発見してしまいました。ごめんなさい。
【2007/03/26 23:51 】 | ふと思うコト | page top↑
訴求ポイント。
ステーキ屋さんで「すぐ出せます!」
というキャッチコピーのついたコーンスープ。


アピールするポイントはそこか? そこでいいのか?
【2007/03/21 22:46 】 | ふと思うコト | page top↑
春なんです。
そうなんです。もうすぐ春なんです。だからバックも明るく変えたのだよ。いやはや、ちゃんとわかっているじゃあないっすか。えへへ。

そうなんです。もうすぐ春なんです。窓を開けたままでも、シャツを着ていればなんとかなる季節なんです。だから、ちょっといい気分なんです。今年は急に寒くなったりとおかしな天気になっていたけど、やっぱりちゃんと春は来るんだなあ。日本でよかった。ほんと。

春というのは、もともとそんなに好きな季節じゃあなかった。たしかに過ごしやすいし、何かをはじめようかってときにはぴったりの季節だけど、春は別れが多いから嫌いだった。ポカっと空いた寂しさのなかをゆるゆると動き、お日様の温かさを感じながら、過ごしていたような気がする。

でも、そろそろ春は前向きになってもいいんじゃあないかって気がしてきた。春の色はどの色も、どこかしらポップで、明るくって、カラっとしてる。そんな色に囲まれながら、動き出すってなんだかいいなあ。春だ、よし。みたいな感じ。

今年は、春バンザイって感じでいきます!(あくまで心の中で)
【2007/03/21 10:12 】 | ふと思うコト | page top↑
覚醒。
なななんと朝9時に家事が終わった。

また一歩神に近づいた(ような気がするよ)。
【2007/03/18 09:54 】 | ふと思うコト | page top↑
目を背ける。
目を背けたい衝動というのは誰にでもあると思うし、それにイチイチつきあってちゃあ、体がいくつあったって足りやしない。だから僕たちは、ヒトトキの自由を得て、満足感を得ると、その問題に取りかかる。なぜなら、大抵はその問題とやらは、後伸ばしにするほど不快になってしまい、そうして時間が解決することは、ほとんどないからだ。時にその問題は、だんだんとひどくなっていく。辛いかもしれないが、これもまた現実。ならばもう、向き合うしかないじゃないか。正々堂々、どーんと前から向かえばさあ、意外と軽いものさ。そういえば、どこかの哲学者が「イメージより恐ろしいものは、まずない。」のような意味合いの言葉を残していたように思う。想像が段々と大きくなっていくと、実際よりもそれは恐ろしく見えてしまうという意味で、なるほどうまいことを言うと納得したことがある。だから、僕もこの休日の1日目にこんな長い文章を書いて現実から逃げようとせずに、そろそろ向かい合おうじゃあないか。誇らしげにそびえたつ、大きなマウンテンに。


「洗濯物の山より恐ろしいものは、まずない。」

ない。ない。
【2007/03/17 13:34 】 | ふと思うコト | page top↑
選択肢。
会社が終わってから、ジムに行くか、ドンブリを食べるかという間逆の選択肢を自らに突きつけ、5分後には片手でドンブリをガシリと固定しながらご飯をワシワシと食べているのが、僕の人生の全てを象徴しているような気がしてならない。気のせいだといいが。
【2007/03/15 00:31 】 | ふと思うコト | page top↑
爽やかということ。
ちょっと早く終われそうだったのでジムへと急いだ。無料レンタルコースでウェアなんぞを借り、バイクをひたすらこぐ。ウェアにちょっと古いイメージのロゴがドカンと載っていようが、そんなものは許してやろう。今日の僕は寛大である。後はサウナで汗を流し、気持ちがゆったりしたところで閉館。オーケー、完璧じゃあないか。このまま自転車に乗り、ipodで音楽を聴きながら、後は家に帰るのみ。ああ爽やかだ。あまりに爽やかすぎる。

と、満足げに信号待ちをしていたら、
自転車盗難と間違われて、警官に止められた。

ああ、モサモサだ。あまりにモサモサすぎる。
【2007/03/14 07:57 】 | ふと思うコト | page top↑
ヘンタイ。
変態話を続けて2つしたところ、「今度は変態に凝っているんですか?」という、ほがらかなコメントをいただきました。僕の行動を笑ってゆるしてくれる皆さんは最高です。僕が今凝っているのは、変態よりは変体なんですけどね。(ダイエットともいう)ただ、最近飲みすぎて、元に戻ってきました。これは変体の定義からいうと、「退化」にあたるのでしょうか。

蝶々から蛹へと退化、もぞもぞ。(私は飛びたいっ!)
【2007/03/13 08:29 】 | ふと思うコト | page top↑
お湯を抜く音。
夜が無理だと、朝風呂に入る。

ぼうっとしていると、上の階から

浴槽のお湯を抜く音が、よく聞こえる。

それにつられて、僕も風呂から上がる。

今は、僕の上の階の人と出会うのがこわい。

「いつも、あなたが朝お風呂に入られているおかげで、

 僕もお風呂から出るタイミングがわかるんです。」



ああ、やはりただの変態と思われかねない。
【2007/03/12 08:28 】 | ふと思うコト | page top↑
初体験。
ジムを変えようと思っていてね。

体験入学みたいなのをしたわけですよ。チョロッとお金を払って、で、チョロっと館内施設を体験するという。で、昨日それに行ったわけでして。体脂肪率とかも無料で測れるそうなんで、測ってみたら、なんと、家のより多くなってる!わぉ!あれにはビビりましたけどね。やっぱり、ショックを和らげるために、家庭用の体脂肪測定はマイルド仕様になっているのでしょうか。よくわかりませんけど。

まあ、それは置いておいて、ジムの初日というのは、なかなかなれないもんで、勝手がわからないもんです。ジュース1本、満足に買えやしねえ。ホントに。でも、スタッフに丁寧な口調で語りかけて、なんとか運動をすることができました。

しかし思わぬ難関が。その施設にはお風呂があるんですけど、荷物を置いておくロッカーから階段で直接つながってたんです。しかし、みんなは裸で行くの?ジャージとかはあっちで脱ぐの?とまあ、?マークが頭上に数本立っていたんですが、着替える場所にスタッフはいないんです。そこで、ジャージ姿で偵察にいきました。でも、風呂場にはジャージをドカンと置けるくらいの棚スペースが無いんです。それでまあ、裸で行くんだろうなと勝手に解釈。

そして、ロッカーにもどって、服を脱いでいたんですけど、丁度そこに、お風呂に行きます的なムードの人がいたんで、じっと観察しました。



お、脱いでる脱いでる・・・ああ、やっぱり裸で行くのですねえ。



ほぼ全裸で、相手が裸になるまでの姿を
つぶさに観察していた僕は、やはり変態なのでしょうか。
【2007/03/11 10:03 】 | ふと思うコト | page top↑
自分に甘い。
たっぷりと飲んでしまいました。

よし、断酒だ!

いや、控酒だ!
【2007/03/09 08:08 】 | ふと思うコト | page top↑
消失。
おはようございます。

朝から文章など打つ暇のある僕です。グンモーニン。しかし、そんなに早く寝たのかと言われましたら、答えはNO。発泡酒は3本開けるわ、ラーメンは食うわで、乱れきった私生活。ですが、なぜか早く起きれて、目覚めもすこぶる良うございました。胃もたれや腹に残っている風でもなく、すこぶる気分は爽快。そして朝日を拝むといったゴージャスぶりでございます。

昨日食べたと思っていた記憶は、もしかして、夢?

そうすれば辻褄が合うんです。今朝の起きぬけのすっきり感も、快調そのもののバディも。でなければこんなにすっきりした気持ちでいられるワケがありません。そうだ。きっとそうなんだ。うんうん。



と、思ってたら、体脂肪率だけキッチリ増えてました。

昨日のバンメシ、ここにあったのか。チッ。
【2007/03/07 08:13 】 | ふと思うコト | page top↑
帰路。
なんだろう。この、やるせなさ感は。

3時半ごろに髪の毛を切りに行こうと自転車に乗ったけどふと不安になって手放し運転のまま財布を探し当てて(午後4時からだったよな)ってスケジュールを確認しようと思ってペラリと開けたら予約を取っていた時間はなんと午前11時。

Uターンした。
【2007/03/05 07:39 】 | ふと思うコト | page top↑
ハルイロ。
色を暗くすると、なんだか書き口調までなかなか閉塞感たっぷりになってきますな、ってことで、季節が春らしくなってまいりましたので、装いを元のやわらかい色に戻してみました。いやしかし、自分の方向性の定まらなさ、および飽き性ぶりには驚きを超えて感心してしまいます。まあでもその変は、春になると、変な人が出てくるってよく言うじゃないですか。その類だと思えば大丈夫(何が?)。
【2007/03/04 13:14 】 | ふと思うコト | page top↑
洗髪交流。
「そのシャンプー?高い?高いでしょ。」

湯船につかっていると、見知らぬおじさんが、不意に問いかけてきた。ここは、たいして流行っていない、小さな銭湯である。聞かれたことには答えないと。「高いです。」「ああ、やっぱりそうなんだ。どこで売ってるの?」「東急ハンズとかにありますよ」「ああ、エレベーターとレジの間じゃない?」「いや、エレベーターと沿うようにして、置いてありますよ」「そっかー。じゃあ、場所が変わったのかもなあ」「ああ、そういえば、最近場所が移ったような気が」「やっぱり~」

深夜の12時近くに、まさか、見知らぬおじさんと、裸同士で東急ハンズのシャンプーの位置で盛り上がるとは。(まあちょっと嬉しかったけど)
【2007/03/03 01:02 】 | ふと思うコト | page top↑
詩織。
僕がお風呂の中で本を読んでいると、詩織が湯船に入ってきました。詩織は、しばらくそこでじっとしていたかと思うと、すーっと潜りはじめ、そしていたずらっ子のように僕の体をつつきながら、ゆっくりと湯船の底を目指すのでした。僕は無邪気にはしゃぐ詩織を捕まえたかったけれど、湯船に手を入れてしまうと、本が濡れてしまうため、じっと我慢していたのでした。詩織はそんな僕とはおかまいなしに、小魚の口のような刺激で、僕の体のラインに沿って、ツンツンとつついてゆくのでした。僕は文庫本を読むことに集中できませんでした。そして、拷問にも耐え切れそうにもなかったため、勢いよく風呂の扉を開けると、文庫本を放って、浴槽の中を泳ぐ詩織を捕まえました。詩織はすこしぐったりとしており、水に濡れて光沢を放っていました。そして、それを見て、僕は冷静にこう思いました。

(こいつはもう使えないな)



文中で漢字変換を間違えましたが、「詩織→栞」でした。
誠に申し訳ございませんでした。
【2007/03/02 01:34 】 | ふと思うコト | page top↑
ハイロウズ。
なんなのだろう。この忙しさは。

ひとつ仕事をこなすうちに、ふたつの仕事がやってくる。恐ろしい。げに恐ろしい。だから、仕事は少しずつたまりはじめる。しかし、午前中の僕はあまり何も考えていないせいか、断ろうとしない。午後になると、何も考えなくても大変なことがわかってくる。おほほほほってな感じでハイテンション。

だから、服がたためてないのは仕方ないよね。うん。
ってな感じでローテンション。
【2007/03/01 23:38 】 | ふと思うコト | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。