スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
でもさあ、きっとそういうことなんだろうね。
あーわかった。

みたいにおもいつく瞬間って、あるよね。

今がそんな感じ。今ひとりでワイン空けて、周りのひとから見たらそんな感じなんだけどね。感情を解放するっていう感じ。誰に見てほしくて、よく見られたいとか、そういう次元とは違って、自意識が発達しすぎて逼迫してるんだろうねえ。今っていう時代は。あー、最近読んでるエッセイに思い切り影響されちゃってる感じだけど、なんだか、わかった。ブログにして言葉にする意味って、もしかしてあるのかもしれないって思った時点で収穫。またとりとめない文章だなー。まーしゃーないわーなー。ワイン一本開けちゃった頭で書いてるし。わはははは。
スポンサーサイト
【2007/11/27 22:40 】 | ふと思うコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
暖かく包むものを求めて。
私、コーヒーが好きでして。1日に、何度も何度も入れては飲んでしまいます。もはや中毒。だから、コーヒー豆が切れてしまうと、ちょっと焦ってしまいます。いつもは同じお店の豆を買うんですが、それが切れそうで、ちょっと買いに行けないなあって時は、本気で焦ります。えーい、もうスタバでいいや。ハウスブレンドでいいやってな感じでその場をしのぎます。

しかも、1杯だけじゃなくって、2、3杯は続けてのむ方なんです。だから、何度も入れるのが面倒です。だから、大きめのコーヒーサーバーに、一度2人前を落としてから、コップにより分けて飲むことにしたんです。

ところで、最近とても寒くなってきたので、ホットコーヒーを入れても、すぐに冷めてしまいます。だから、2杯目を飲むときは、なんだかときめくものがありません。そりゃそうですよね。冬のコーヒーは、あったかいからおいしいんだ!

そこでね、今日の夜スーパーで食器コーナーをのぞいてみたらば、そこに、保温ポットなるものがあるじゃないですか。あ、これいいな。って思いまして。だって、こいつにいれておけば、自分でゆっくり2杯入れても、2杯目もあたたかいコーヒーが飲めるじゃないですか。ラクだし、おいしいし、こんなにうれしいことはないなあと。

で、それを買おうか思ってはいたんですけどね。どうもふんぎりがつきません。実は、近くにデザインの良い食器を売っているお店を知ってまして、たぶんそこにもあるだろうな、と思ったんです。保温ポットなんて、何度も買うものじゃあありませんし、どうせなら、納得した、好きなものを使いたいじゃあないですか。

でも、時間を見ると、もう夜の8時を回っていまして。普通の雑貨屋さんなら閉まっている頃合い。でも、前にあのお店の前を通ったら、夜遅くまでやっていたような記憶が・・・

ええい。悩んでいてもしょうがない。ここは前進あるのみ、と、判断いたしましてね。自転車をその方角にむけて、ていやっと自転車を走り出したわけです。ってか、今日の気温、えらく寒いって。ですが、あちらの方がいい保温ポットを売っていたらどうしよう。この誘惑には勝てませんで、ペダルをこぐ足にも力が入るわけでして。

もう、自分の中で保温ポットの存在がどうしようもなく大きくなっており、今から向かうお店は夢のお店のような心持ちになってしまったのです。ですが、急がないと。家の帰り道から逆走して、夢のお店に向かう以上、そのお店が閉まってしまっては、元も子もないわけです。

あらん限りの力を振り絞り、左右の足の力の入れようを、リズムよく移動させて、加速させていきます。だって、そこには、待ち望んだ夢のポットがあるから。すでにそれだけの使命感を帯びたプロジェクトになっていたのです。急げ、急げ。あこがれのポットまで!




read more...
【2007/11/18 22:17 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
幸せのカタチ。
随分と寒くなってきました。コートが必要な季節です。今年の紅葉はきれいに色づくのでしょうか。秋が短いから、葉っぱが色づく準備が遅れそうです。

あなたも、もう箪笥からコートを出したころでしょうか。マフラーはまだ、気が早いのかしらん。短いソックスや、半そでは、キチンとたたんでしまいましたか。

1年、1年と、年をとるほどに、身のまわりのできごとが、いかに大切なものであるかを思い知らされます。あなたの幸せははたして何でしょうか。

幸せが続く方法を、私は知っています。幸せと感じたこと、それを守り続けられる限り、幸せは続くんです。簡単でしょ。皆、忘れがちだけど。

もう冬です。布団が恋しい季節です。毛布のぬくたさが、僕を捉えて離しません。僕はその温かな誘惑に身を任せて16時間スイミンしました。幸せ。
【2007/11/17 23:21 】 | ふと思うコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
慣性に埋もれて。
慣性・・・外力が働かなければ、物体はその運動状態を保つ。



最近、会社の人と喫茶店に入り、「最近面白いこと、あった?」と聞いた。すると、彼は目を輝かせながら、山奥で迷ってしまい、散々な目にあったことを、面白おかしく話してくれた。僕は話を聞きながら、すこし焦っていた。そして、彼の話がひととおり終わった後、彼はこう口にした「ところで、kazさんはどうなんですか?」僕は考えたあげく、一時期ジムでやせたのに、また太ってしまったことを告白した。しかし、これは現状からの逃げ口だった。本当は、面白いことと言われて、何も思い出せなかったんだ。たしかにそこそこ仕事は忙しいし、それなりに充実している。しかし、そこに、何が?どれだけ忙しかろうが、それは想像の範囲内。面白いの概念からは外れていることに気づいたのだ。慣性のなかで生きる毎日。だから、もっと知らないことに触れていきたいと思った。昨日のことだ。



残念ながら、また太ったのは本当。
ちなみに、本人にとっては面白くもなんともない。
【2007/11/16 23:45 】 | ふと思うコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。