スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
偽善の笑み。
会社で仕事をしていると、
社長が気まぐれで社員の写真を撮りにきた。
「おっ!おっ!」って言いながら
パシャパシャ撮っていく。

曖昧な笑みを浮かべながら撮られると
とても不安定な顔の写真を後でいただいた。
ついでに、後ろにいた後輩Aも撮られていた。

しっかし、後輩Aの仕上がった写真、

どえらい笑顔です。どえらいサワヤカです。

「お前、普段こんなサワヤカな笑顔せーへんやろ。」

僕がそう突っ込むと、
「ばれましたか」とでもいいたげに
ニヒルな笑顔で笑ってきました。

やっぱりそうかい・・・対社長顔かい。

しかし、絵に描いたような
不自然サワヤカスマイル写真を
見ているうちに、
なんだかウズウズと感情が抑えきれなくなり、
後輩Aが席と立った間に思っていたことを決行。


あいつの写真に



牛乳がすきですっ☆



ってフキダシを、ペタリと貼っておきました。



ん~実にサワヤカ。



そして、ええ感じ。



って、僕は大満足やったのに、
後輩Aは、僕がやったとすぐにわかりやがった。
(そんなことをするのは僕しかいないらしい)



で、全然面白くなかったんで、

後輩Aが帰ってから、こっそり



俺とつぼ八に行こうぜっ☆



ってセリフに、変えておきました。

止めないでください。

いいんです。僕が楽しければ。
スポンサーサイト
【2006/03/25 01:14 】 | ふと思うコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<お風呂場の奇跡。 | ホーム | 僕はパンだ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sakasa.blog41.fc2.com/tb.php/14-58378e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。