スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
テク。
今日も、いつもとかわらず、打ち合わせテーブルに
向かい合って、仕事をするたなかと後輩A。


たなか「わからんところは、フセン貼っといてー」

後輩A「はい。わかりました。」

たなか「フセン、こっちにあるよ。」

後輩A「あ、どうも。」

たなか「ちょっとまって。トイレ行ってくる。」

と、いいながら、

片手に付箋を持ち、椅子から立ち上がった。

その腰のひねりで、後ろ手で持ったフセンを

打ち合わせテーブルになだらかにスロー。


後輩Aの目の前に、見事に落とされた黄色のフセン。

後輩A「高等テク・・・」

たなか「ふっ・・・これはやな。トイレに行こうと椅子を立つ

    反動を利用して、自然な格好のまま

    付箋を人に渡してしまうテク。

    名づけて、バックハンドフセンというやつでな。

    まあ、これができるのは日本でも中田ヒデか俺くらいy」



後輩A「はやく、トイレ行ったほうがいいっすよ」



そうやった。そうやった。

スポンサーサイト
【2006/07/31 23:15 】 | ふと思うコト | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<たなかリターンズ。 | ホーム | そばから生まれた物語。>>
コメント

後輩A君がたなかさんを尊敬しつつも、クールに返す言葉がなんともおもしろい^^;最近、後輩A君ネタ多い?w
【2006/08/01 01:00】| URL | シュガー #LtpGst5k[ 編集] |

アタシも後輩になにか高度なテクを
披露したいなぁ~笑
【2006/08/01 10:30】| URL | sainei #-[ 編集] |

シュガーさん

鋭い指摘!つ、辛いぜっ!


sainei さん

たなかと違って、ちゃんと尊敬されるテクを
見につけるとよろしいかと。

【2006/08/02 22:57】| URL | たなか #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sakasa.blog41.fc2.com/tb.php/146-430d4b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。