スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
選ぶということ。
人生は、選択の繰り返しだと思う。少し堅い話になってしまい申し訳ないが、人それぞれの癖だの、趣味だのといった、いわば個性とみられる類は、子供のころからいくつもの選択を行って残った道筋だと思っている。だからこそ、人間はいつでも変われる、ともいえるのではないだろうか。

たとえば、早く起きられない人がいるとする。原因を考えてみると、いつも夜更かしをしている。ならば、今日はいつもの選択をやめて、別の道を通ってみればいい。それは、いつもの遅い時間に寝るのを止めて早く寝るということ。 →すると、翌日の早起きが苦にならなくなる。 →余裕ができる。 →朝の心地よさを知る。 →また、今日も早く寝てみようかと思う。

そうこうしているうちに、いつしか、選ぶ道筋が変わってくる。見える世界も変わる。

文章に書けば、とても簡単に思える。しかし、これがなかなか実行に移せないのは、人は、無意識のうちにいつも通いなれている道を通ろうとしてしまうからだ。新しい選択肢を選ぶ。未知の世界に触れることはとても刺激的ではあるが、楽ではない。想像がつかないものに触れるとき、人は緊張してしまう。かなり論文のようになってきた。

たとえ、違う道を歩めたとしても、簡単な理由で、人は易きに流れ、そして元に戻ろうとする。大抵が、怠惰な方にながれる。そうして悪循環は、たちまちのうちに元に戻ってしまうこともある。たとえば、こんな例だ。

体重が増えて困っている。 →まわりからも太ったという感想をいただくようになった。 →そこで一念発起して、夜食を軽くしようと心がけた。 →なるたけ自炊で。あまり油をとらないこと。 →結果はテキメンで、結構体重が落ちてくる。 →嬉しくなって、このまま続けようとする。 →今日も夜食を控え目にと思っていたら、買っておいた鯖の賞味期限が今日までだった。 →仕方ないので鯖を焼く。 →鯖だけではよくないので、白いご飯をつける。 →鯖をみると、うまそうにブシブシと焼きたての音を出している。 →鯖をそのまま食べるのは失礼に値するので、発泡酒も付けてみる。 食べているうちにお茶碗から白ごはんがなくなった。 →このままでは食べれないのでおかわりしてみる。



まあ、こんな感じで今日の夜食は鯖でした。おかわりしました。
スポンサーサイト
【2007/02/07 23:57 】 | ふと思うコト | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。