スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
緊張。
初めての銭湯で、1番緊張することは何だろうか。

おばちゃんに初めてお金を渡すときか。いや違う。
おばちゃんに初めて裸を見せるときか。いや違う。
刺青のおじさんの隣で体を洗うときか。いや違う。

僕が1番緊張するのは、蛇口の赤いレバー(お湯)と青いレバー(お水)を同時に押して洗面器にためこみ、体を流すのにほどよいお湯をブレンディングするときだ。

大抵が、両方同じ量で出ないため、熱すぎる、もしくはぬるすぎる自体を招いてしまう。その銭湯の利用が初めてならば、一度八分目で止めて温度を確かめ、そこからどちらかのレバーにしぼって、慎重につぎたしたほうが良い。洗面器からあふれるなんて言語道断。まわりでくつろぐお湯ニストの笑いの種だ。

壊れつつある蛇口までも愛する心が、今の銭湯を支えている。LOHASにも通じる思想である。
スポンサーサイト
【2007/02/14 00:54 】 | ふと思うコト | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。