スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
暖かく包むものを求めて。
私、コーヒーが好きでして。1日に、何度も何度も入れては飲んでしまいます。もはや中毒。だから、コーヒー豆が切れてしまうと、ちょっと焦ってしまいます。いつもは同じお店の豆を買うんですが、それが切れそうで、ちょっと買いに行けないなあって時は、本気で焦ります。えーい、もうスタバでいいや。ハウスブレンドでいいやってな感じでその場をしのぎます。

しかも、1杯だけじゃなくって、2、3杯は続けてのむ方なんです。だから、何度も入れるのが面倒です。だから、大きめのコーヒーサーバーに、一度2人前を落としてから、コップにより分けて飲むことにしたんです。

ところで、最近とても寒くなってきたので、ホットコーヒーを入れても、すぐに冷めてしまいます。だから、2杯目を飲むときは、なんだかときめくものがありません。そりゃそうですよね。冬のコーヒーは、あったかいからおいしいんだ!

そこでね、今日の夜スーパーで食器コーナーをのぞいてみたらば、そこに、保温ポットなるものがあるじゃないですか。あ、これいいな。って思いまして。だって、こいつにいれておけば、自分でゆっくり2杯入れても、2杯目もあたたかいコーヒーが飲めるじゃないですか。ラクだし、おいしいし、こんなにうれしいことはないなあと。

で、それを買おうか思ってはいたんですけどね。どうもふんぎりがつきません。実は、近くにデザインの良い食器を売っているお店を知ってまして、たぶんそこにもあるだろうな、と思ったんです。保温ポットなんて、何度も買うものじゃあありませんし、どうせなら、納得した、好きなものを使いたいじゃあないですか。

でも、時間を見ると、もう夜の8時を回っていまして。普通の雑貨屋さんなら閉まっている頃合い。でも、前にあのお店の前を通ったら、夜遅くまでやっていたような記憶が・・・

ええい。悩んでいてもしょうがない。ここは前進あるのみ、と、判断いたしましてね。自転車をその方角にむけて、ていやっと自転車を走り出したわけです。ってか、今日の気温、えらく寒いって。ですが、あちらの方がいい保温ポットを売っていたらどうしよう。この誘惑には勝てませんで、ペダルをこぐ足にも力が入るわけでして。

もう、自分の中で保温ポットの存在がどうしようもなく大きくなっており、今から向かうお店は夢のお店のような心持ちになってしまったのです。ですが、急がないと。家の帰り道から逆走して、夢のお店に向かう以上、そのお店が閉まってしまっては、元も子もないわけです。

あらん限りの力を振り絞り、左右の足の力の入れようを、リズムよく移動させて、加速させていきます。だって、そこには、待ち望んだ夢のポットがあるから。すでにそれだけの使命感を帯びたプロジェクトになっていたのです。急げ、急げ。あこがれのポットまで!






我こそは ハリーポッター!





ってオチ、どないです?

(お店には入れたけど、ポットはあったけど、買いませんでした)





スポンサーサイト
【2007/11/18 22:17 】 | ふと思うコト | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<でもさあ、きっとそういうことなんだろうね。 | ホーム | 幸せのカタチ。>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/21 16:01】| | #[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sakasa.blog41.fc2.com/tb.php/424-591c9a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。